どれくらいの報酬がプロ家庭教師には必要なのか

プロ家庭教師の報酬の相場は、地域や先生の能力によって異なってきます。東京のような都市部で頼んだ場合、実績と能力のある先生だったら、月の報酬が5万円を超える場合があります。これは週に2回頼んだ場合で、1回頼んだら、やや安くなります。能力のある先生の場合は、報酬が高いですが、それを支払う価値は十分にあります。例えば、どうしても医学部に合格したい生徒がいるとします。普通の予備校に行っても、集団の授業なので、成績はなかなか伸びません。しかし、実績のある先生に教えてもらえば、短期間で成績が良くなります。マンツーマンで授業を受けられるからです。さらに先生が自分の持っているノウハウを惜しみなくて注ぎ込んでくれるので、必然的に生徒の成績は良くなります。

報酬は1時間当たりで計算することが多い

プロ家庭教師の報酬は、1時間当たりで決めることが多くなっています。普通の能力を持った先生だったら、一時間当たりの報酬は4000円から5000円程度です。経験豊富で、実績のある先生だったら、さらに高くなります。1時間当たり6000円から8000円程度です。中学受験や医学部受験といったより難易度が高い生徒に教えられる人だったら、1時間当たり1万円前後になることがあります。上記の数字は都市部の場合です。地方なら、1000円から2000円程度安くなります。いずれにしても決して安い報酬ではないので、先生を慎重に選ぶ必要があります。体験授業を受けてから、決めるようにしましょう。体験授業は無料で受けられます。相性のいい先生に出会うまで何回もそれを受けましょう。

教材を請求するところは避けるようにする

プロ家庭教師の報酬は、その先生の能力に対して支払われます。それ以外の料金を請求するところは避けた方が無難です。よくある例は、高額の教材費を請求するところです。教材は生徒の能力を伸ばすのに、それほど関係がありません。それよりも先生の技術が大切です。言葉巧みに高い教材を売りつけようとするところがあるので、注意が必要になります。入会金や解約金を請求するところもあります。このようなところも避けた方が良いでしょう。交通費は、報酬の一部として支払わなければなりません。いろいろな例がありますが、例えば車を使って生徒の家に行くまでのガソリン代が求められます。決して高額な請求はされません。ガソリン代だったら、1キロ当たり20円程度です。バスや電車を使う場合は、その料金が請求されます。