結婚式においての、オープニングムービーについて

その名の通り、「オープニングムービー」とは、イベントや催し物などが開かれる際に、事前における何らかのカタチでの演出効果を表す画像や映像などを利用した始動動作(デモンストレーション)などの事を指します。もちろんこれは、結婚式などにおいても行われる場合も少なくはありません。しかし、やはりこれを行う際には自分達だけでやるとなると、それだけ高い映像技術や映写機器などの使用が可能な腕や高額な経費などがどうしても必要になります。このため、式場運営者であるブライダル業者やホテル業者などの手を借りるのがベストであるといえます。これらの専門業者によっては、なんと式プランにこれを行うサービスを組み込んだりしているところもあります。こうした式プランでのサービスを利用しない手はありませんので、大いに活用していくべきであると考えます。

結婚式で流すオープニングムービー

オープニングムービーとは結婚式で新郎新婦が入場する前に流れる映像のことで、どういった内容のムービーかは新郎新婦さんによってそれぞれです。自分達で手作りしてもいいですし、業者さんにお任せしてしまってもいいでしょう。どんな内容の物か考えれば沢山アイディアは出てきます。例えば新郎新婦さんがドレスを着たり、化粧をしたり、髪を整えたり、家族と談笑している姿を撮って最後、映像の中で扉を開けた瞬間実際に会場に登場…というのはいかがでしょう。来ているお客さんに2人の自然な姿を見て見らうことができます。何よりそのムービーをご両親に残してあげることができます。結婚式は勿論自分達のためのイベントでもありますが晴れ姿を両親に見せて安心させてあげるイベントでもあります。オープニングムービー映像としてその日の家族風景が残して置くことは後々も楽しめるのでお勧めです。

結婚式のオープニングムービー

結婚式場や披露宴の会場に新郎新婦が入場する際に流す映像のことをオープニングムービーと言います。近年では流すことが当たり前と言っても良いほど当たり前の存在となりました。一番最初に流すものということもあり、その後の式や披露宴の雰囲気をも左右する重大なものとなることは間違いありません。参加してくれたゲストへの感謝の気持ちを伝えるのはもちろんのこと、新郎新婦のことをより詳しく理解してもらうためにもオープニングムービーは欠かせません。自分たちで作成することも不可能ではなく、費用も安くすみますが式の準備など忙しいので新郎新婦が作成するのは簡単なことではありません。やはり、仕上がりの良さを考えてもプロに依頼するに越したことはないのではないでしょうか。最初の印象は、式や披露宴の全てに影響することを頭に置いておきましょう。